Challenging Young People Everywhere

毎日、1,200人以上の若者が世界中でチャレンジをはじめています。

英国エディンバラ公国際アワードは若者向けの世界をリードする業績アワードです。

このアワードは任意で競争ではなく、14歳から24歳の誰でも参加できます。
アワードは過酷ですが、誰か他の人間が設定した具体的な基準に到達することではなく個人的なチャレンジを目標としています。

若者は自分自身でアワードプログラムをデザインし、目標を設定し、進捗を記録します。
サービス、スキル及びフィジカルの分野からアクティビティを選択し、アドベンチャラス・ジャーニーに飛び出し、
そしてゴールドアワードを達成するためにレジデンシャル・プロジェクトに参加します。

競争相手は自分自身のみであり、自分の限界に挑戦します。
ブロンズ、シルバーもしくはゴールドアワードの3つのレベルがあります。

競う相手は自分自身。5つのアクティビティ。

Service
Skills
Physical Recreation
Adventurous Journey
Residential Project

殿下からの前文

エディンバラ公 KG KT

現代の複雑化した世界で成長する若者は多くの困難に直面し、個人的目標の達成の機会は限られています。同時に、若者に対する責任を認識する両親、教師、ボランティア組織リーダーそして従業員にも課題があります。

アワードでは若者そして若者の幸福を願う人々の両方を手助けすることを目的としています。本アワードの目的は、個人に対する達成することの満足感を発見するというチャレンジ、そして若者の成長を奨励することを願う人々や組織のための指針として有意義なレジャー活動や自主的な奉仕活動の手ほどきを行なうことです。

アワードに参加する誰もが人生に新たな目的と楽しみを見出せることを願っています。アワードの運営を担う全ての人々が、他者が隠れた能力を発見し、課題を乗り越える手助けを行なうことから得られる特別な満足感を感じていただけるものと確信しています。

signature

推薦の言葉

ジョン・メイ
ジョン・メイ
英国エディンバラ公国際アワード財団
事務局長

英国エディンバラ公国際アワード財団を代表し、アワード活動を始めるすべての皆さんに、心よりお祝い申し上げます。皆さんには、アワード創設以来世界中で800万人余りに上る参加者の一員になることを誇りに思って頂けることでしょう。この活動を経験した人は皆、自身で立てた目標やプログラムが、その後の人生において大いに役立ったと感じています。アワードに参加しようかどうか考えている皆さんにこれだけは言わせてください。「アワードは長期的な決意と努力を要する」と。活動の途中で、もうこれ以上続けられないと思う時も来るでしょう。しかし、諦めることなく続け、アワードを修了した皆さんは、例えば、進学や就職など、将来あなたが人生に於いて大事な局面を迎えた時、必ずやその価値を感じることができます。このアワードプログラムは、自分自身で己の能力を最大限に引き出す事に挑戦するのが目的であると同時に、楽しい時間を過ごすことが目的でもあります。皆さんにも、ぜひこの素晴らしい経験を満喫して頂ければと思います。

スー・ウォーカー
スー・ウォーカー
英国エディンバラ公国際アワード財団
アジア太平洋地域ディレクター

英国エディンバラ公国際アワードは世界有数の青少年育成プログラムです。このプログラムは140を超える国と地域で、実践に基づいた経験とライフスキルの学習を通して、国際社会に貢献する社会人の育成と、若い世代がこれからの時代を生き抜く力をつける為のお手伝いをしていくことを目標としています。

英国エディンバラ公国際アワードジャパンは、成長が著しく多様性に富むアジア太平洋地域に分類されます。アジア太平洋地域では、その成長に伴い、現在もアワードプログラムがその様々な地域に拡大しており、世界共通である理念の下に、若者たちがより積極的に自分にふさわしいアワード活動を創造し、自身への挑戦に挑むにふさわしい環境です。

私たち、アジア太平洋事務局は日本のアワードプログラムの更なる普及と発展の為に、緊密な協力体制の下、アワードジャパンをサポートしていきたいと思います。今後これまでにも増して、より多くの日本の若い方たちと、アワード精神を共有できることをとても楽しみにしています。

TOPに戻る